應其

高野應其(たかのおうご)のエッセイと小説。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒の肴になる男(3)

  寝巻き(その後のSさん)

年末、中旬過ぎ、Sさん3日続けて無断欠勤した。

幾ら注意しても数カ月に1回程度、1日位は連絡なく休むことがあったが、3日連続は初めてであった。
自宅へ電話したが、奥さん素ッけなく「知らない」とのこと。
自分の夫が数日も行方不明なら、二児の母親として、当然心配して会社へ駆けつけてくるのが当たり前と思う反面、日頃の夫婦仲、あまり良くないことを直接.間接、聞いていたので皆は変に騒ぎたてはしなかった。

しかし特段の担当顧客を持ってはいなかったが、何しろ顔の広いSさん、暇さえあれば旧来の得意先や知人を訪ねていたので、金を扱う職業柄、疑心暗鬼で余計な心配する者も居た。
彼の行方、心当りを探すと同時に、全ての取引先をチエックするが別状なし。
すると4日目、彼から私に電話が入って会いたいとのこと。 早速部下のO君と、彼の告げた尼崎の文化アパ-トを訪ねた。 

2階建てぼろアパ-トの端で、西日のよく当る赤茶けた6帖1間と小さい台所だけ、家財はほとんどなく隅にある鏡台が奇妙に大きく見えた。 だが部屋は清潔に片づいており、女性1人の住まいとみた。
その部屋の真ん中の置き炬燵に、彼はワイシャツの上から、赤い女物毛糸のセ-タ-をはおっていた。 

「どうした?」

「へえ」 

何とも、うらぶれた風情である。
かいつまんだ話では、初旬に出た冬のボ-ナスを、年末最後の運だめしと競輪場へ、土日2日間で大半スッてしまい、残りを十三のバ-でオダ上げて、全部使い果たした揚句自宅へ午前様。 派手な夜中の大げんか、ワイシャツ姿の着のみ着のまま、家を飛び出し此処へ転がり込んだとのこと。

「ここは?」

「わしのコレですねん」と小指を立てる。

「いつからの関係や?」三ヶ月前からと言う。

「どうする積もりや」

 その時、買物に出ていたこの部屋の女性が帰ってきた。
歳の頃23~7、小柄、おかっぱ頭で色は白いが、取り立てて特長のない平凡な容姿である。 
早速お茶を出してくれたが感じがよく、礼儀正しい印象が残った。
全員座る場所もない。 外へ出て話そうと言うと、着るものが無いのでここから出られない、最初転がり込んだ時のままなので、外の風が冷たくて、あれから一歩も外へ出ていないと言う。
仕方が無いので、O君のオ-バ-を彼に貸し3人は近くの喫茶店に行った。
「今の女、M子言います」と言って女性の経歴を話した。
24才、T県出身、4年前大阪に出て来て短大へ通い乍ら、アルバイトで夜バ-に勤め、学校を出てもそのまま大阪に居着いた。 男と同棲生活も一度経験している。 3ヶ月前、飛び込んだ十三のスナックで知り合ったとのこと。 
取り止めの無い話が続いて、落ち着いた頃、彼は

「お宅ら、わし、アホに見えまっしゃろ、自分も心底そない思いますわ。自分でも判らん、どうしようもない気持に付き動かされ、アホ やりますねん。
35才過ぎたら同じ人の親でも、もうちょっと大人にならなあかんこと、よう判っとります。しかし、いつもその場になると反対の方に動いてしまうんです」

「厳しいが男の責任てものがあろうが!」

「それもよう判っとります。しかし今、家へ帰るつもりありまへん、ヨメは自立心強うて、今のマンションから一戸建て庭付きの家に移るのが夢で、生活力あるんですわ、金も貯めとるようです。自分の責任は感じますが今の処、あんな冷たい家庭に帰る気ありまへん」

いろいろ説教するが同じ繰り返し。ふと別の想念がよぎったので聞いてみた。

「ところで、今の女性のどこに惚れた?」

 すると彼は、いきいきした表情になり 「気立てです」すぐに言った。 

「情が細やかで、よう気が付いて優しゆうて出しゃばらず、清潔です。あんな不細工な顔してるからか権つくばらず、わしを時には小さい頃の母親のような気にさせてくれる女です」 
うっすらと目に涙を引いて窓外の師走を見ていた。

「それに比べ、あのヨメは成る程べっぴんには違いないし頭もええ、弁もたつ、キッチリしとる、ワシなんかには勿体無い女です。 しかし潤いが無いんです、スキが無うて息が詰まるんです」

「色柄の分らん程、洗い曝したヨレヨレの寝巻きを毎晩見せられると、なんぼわしでも気力萎えてきます。 その点、今のM子、色っぽいネグリジェ着てええ匂いつけてくれるから、何杯もお代わりできまっせェ」
「朝、顔洗うとき、うしろからさっと両袖持って濡れんように気使うてくれるし、手拭いもすぐ渡してくれて・・女は気立て第一、顔や頭だけやおまへんわ」

「わかった、のろけと女の品定めはそのくらいにして、会社はどうする?」

「えらい迷惑かけて済んません、すぐ退職願い出しますわ、気持の整理がついたら必ず挨拶に参上します。 くれぐれも皆さんに宜しうお伝え下さい」。

しあわせ薄そうなM子の顔をちらと脳裏に浮かべながら、最後に椅子から腰を上げるとき私は、
「ところで奥さんへの借金はどうした?」

「ああ あれね、あれだけは夜を日に継いで、家を飛び出すまえ利息も含め完済しました」

と、破顔一笑、さばさばした表情を見せた。



にほんブログ村 小説ブログへ

ブログランキング





スポンサーサイト

テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

酒の肴になる男(2)

 悪妻は三代の不作

 Sさん、三才下の妻と11才の娘、それに9才の男の子がいる。
奥さんはK女子大出の才媛でやや冷たい感じを与えるが、知的なすこぶる付きの美人である。共稼ぎで、S女子短大の家政学科の講師をしている。 
入社して1年ほど過ぎたある日、Sさん、左頬と首に幅広の引っ掻き傷をつけて出勤してきた。
早速、皆の好奇と期待の注目を引いた。  
その頃には、入社して日は浅いが店内でのSさんの印象(人は善いが金と女にだらしなく、且つ競馬.競輪.競艇.要するに賭けごとに目がない、そして極めつけの恐妻家等・・)のイメ-ジが定着していたので 特に女性らが喜んだ。
「何故だ」「何処で」「誰と」理由を私に聞けと言う。
「夫婦喧嘩は犬でも喰わん言うやろ、あほなこと聞けるか」
ところが当のSさん、飲めないのに私に「相談がある、今夜付き合ってくれ」との要請。 

「まあ聞いて下さい」

話を聞いておどろいた。 

以下、彼の話
「わしの嫁さん、アレ昔から淡白なんですわ、ところが、わしは反対に誰にも負けん位強いんですわ・・・」から始まった。
半年前、阪神競馬で大穴当てるつもりが大損し、友達に高い利息付の借金したが、嫁さんにバレて5万円立て替えて貰った。(今の価値で20万円程か)
 ところがこのヨメ、昔から夫婦でもゼニ金他人で、きつ-い取り立て。
ある日の夜、ヨメの上に乗りかかると突然1回につき500円出せと言う。

『あんた、私何も知らん思うとるやろけど、十三のアルサロの流れで1回3000円以上使うとるはずや、今まで只でさしとったけど、これからは1回につき500円貰う』

こないぬかすんですわ」 眼を赤くして悔し顔。

「しかも、『あんたは昔から調子ようOKするけど、約束ごと守ったためしゼロや、これからはするとき鉢巻しめて、そこへ500円札差し込んでやれ、終わったらすぐお札取れるから・・・』こないぬかしよるんですわ」

 「それで?」借金しとる手前、腹が立つけど承知した、しかも月5回は利息分だとのこと。

「おかしやないか、奥さんも共に楽しんどるんやろ、その分どんな計算になっとるんや?」 こちらも義憤に駆られて思わず声を荒げた。
「それが、うちのヨメはわしがシコシコやっとる最中でも、日経新聞広げて株式欄見とるんですわ」 
「ん?」
「この間なんか途中で、『まだやっとんの、ながいなァ、早う終わってえな』こないヌカすんですわ、気分乗りまへんで」 品のない、あからさまな話だがこれも相談事。
それでも、こんな状態がもう半年も続いているし、そして未だ借金は1/3も返していないとのこと。
笑ったのは、最初のころ、タオルの手拭いでハチ巻し500円札差し込んでやっていたが、部屋の間仕切りのガラスに写った己の格好の悪い姿見て、最近は子供の運動会の赤白ハチ巻に変えたとのこと。

「あんたの奥さん、去年の末、太閤園で催した会社の家族クリスマスパ-ティで見かけたが、えらい美人やったやないか、落ち着いて聡明な感じがして、そんな非常識なこと要求するんか?そんな人には見えんがなァ」
「夜、品のないこと言うヨメでも、死んだ父親は旧帝大の教授で、また母親がエラぶつなんですわ。ケン高うてわしをいつも陰で『町人風情が』と言うとるらしいんです。それだけやないんですわ、ワシの娘も最近受け継いで、母親そっくりになってきよって命令口調になり、
『お父さん、お母さんを労ってやらんとあかん、また、もっとしっかりして私ら大きいなるまで養ってや』 こんなこと言うようになりよって、ほんま昔から悪妻は三代の不作とはよう言うたもんや」とため息をつく。

「ところで引っ掻き傷はどうした」 ようやく本題に入った。
「ゆうべ、あいつ、久し振りに新聞見ずに途中でヨガリ声出しよるさかい、こっちも大いに気分乗って、改めて突撃に移りかけたとき にょうぼが、
『下から見てると、あんたの格好、ほんまおもしろいわ』言うてケラケラ笑いよった「アイツの下腹ゆれて力が入ったのか トタン、こちらのがすぽっと抜けてもて・・・ほんなら舌打ちしよりますんや、腹立ったさかい思わず横っ面張りっ倒したんですわ」
聞いたこちら、心の中で(やったァ)
ところが即、反撃に合い、それからは二人で下半身の闘いから、全身の戦いに移った結果、このような負傷となった始末、との話。
「わし、もう我慢の限界ですね、別れたろ思いますねけど、どないしたもんでしゃろ?」 世の中いろいろの夫婦が居るものだが、穏やかならぬ相談。
 それからは、男は度量、ならぬ堪忍するが堪忍、昔、戦時中の修身で習うたやないか、と「韓信の股くぐり」の故事まで出して、意見.訓戒.慰めを続けた。

「股くぐりねェ」 浮かぬ顔のSさん、初秋の夜が更けて行った。 

テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。