應其

高野應其(たかのおうご)のエッセイと小説。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よねぞうの死29〔第四章〕・おせいさんの実家2

おせいさんの実家2


これに比べ、仏 ほっとけ 大人たちはそろそろ、でき上がってきたようだ。
いつも一番賑やかなのは、長女の晶子だ。 私の位牌を指差して、
「7月に高野山へ骨のぼりに行って、創ってもろたけどコレええでしょ」
善二郎が私の位牌を見ながら、
「ところで このケッタイな戒名、これでエエかな?」
おお そうだ忘れていた、戒名の謂れは何だ。 こちらも急に興味が湧く。
「ええやないの、みんなでチエ絞って苦労して創ったのに、今さら・・」
女房ドノが 「お坊さんに頼むと、長い文字ほどありがたいらしいけど、一文字幾らで相当お金かかるから、しょうないわ」と云う。 金の問題か?
「青森の鷹ちゃんとも、パソコンのビデオチャットでやり取りしたし、皆の総意やないの。 あんたも初めエエ言うたやン、それでも鷹ちゃん終いごろ、ぐずり出し、説得するのに苦労したんよ」
「なんでや?」
「お墓の石碑、この戒名で刻むの、かっこう悪い言うて・・」
「なんでや?」
「だって ショウモナイ イヤミ ヘンコ コジ やろ。 鷹ちゃんが『読む人笑う』云うて・・そやけど 『生きてたころのお父さんに一番似つかわしいし、ユ-モア-があって、他人でも、生前の人柄を想像してくれるわ』 って云うたら 鷹ちゃんも最後に承知したけどな」
「なるほど そう云うとそうやなァ」 善二郎 にやにや。
「それにもう遅いわ、今日お坊さんが位牌に、魂入れに来てくれるし」
元女房ドノが追い打ちをかける。 こんな碑を建てる遺族のアホさ加減に、他人様があきれて嘲笑されるの分らんか、まァ恥をかくのはこいつらだ。
そこへ源三郎が帰ってきた。 日曜出勤というが、どこまで本当か?また一段と賑やかになる。 しかしこの位牌 腹が立つけど、よう出来とるな。

宴たけなわである。 午後1時ごろスク-タ-に乗り、やっと坊さんが来た。 葬式のとき、あっという間に俺に引導を渡して帰った、あのボンさんだ。 
「ああ盛り上がってますなア・・」と うれしそうな愛想笑いで入って来た。
迎える連中、大慌てで座をしつらえる。 すると今度も数珠をまさぐるや、 あっという間に読経が終った。 えッ もう魂が入った? 
にょうぼドノ、すかさずお布施を渡し、さあどうぞどうぞと酒肴を勧める。
いや拙僧はまだ、これから他を回らなければ、と一応は遠慮めいた口をきくが、腰は座ったまま。 まあ少しでも と、強く勧められると それじゃあお言葉に甘えてビ-ルから頂きます と遠慮がない。
坊さん、私の位牌を見ながら「エエ法名ですなあ、誰がお付けになった?」と、皮肉まじりのおべんちゃらを云う。 にょうぼドノが
「本当はお坊さんにお願いしたかったんですけど、ビンボ-ですさかい、家の者がみんな寄って付けたんですけど・・」 晶子が すかさず、
「祥は瑞祥でめでたい、それを頭にして最も名を挙げ、偉かった。 闇の世界へ行っても香り高い居士法名、とまア こんな積りで・・エッヘッヘ-」
 よくもまあ口から出まかせの筋を創るものだ。 頭と口の回転が、相も変わらず滑らかなものだ。
「なるほど ここの皆さん 学がおありですなあ」
坊主は分っていてお追従を云っている。 アホらしい。
まあ 皆の達者な姿を見たので安心 と共に、こんな連中にいつまで関わっていても、胸クソ悪いだけだ。 また来ることもあるだろう。 嫉妬ぶかそうだが、急におせいさんの顔が懐かしくなった。 彼岸に帰ろう。
 
おせいさんに、私と分れてお盆をどう過ごしたのか と聞いたが、「あなたと関係がない」 と一言も喋らない。 前世の夫に復讐すると、前に聞いたことがあったが、どんな方法で本当に実行したのか、興味があって数回聞いたが、
「ほんとに何も話すこと無いわ」
取りつく島もない。 そして「いまはあなただけよ」 と嬉しがらせて、はぐらかされた。 そこは淡白なよねぞう、それ以上聞かなかったが・・・
おせいさんの背中に乗り、短い日々であったがこの世に戻り、様々な光景を見、遺族にも会った。 
そして往きに思い浮かんだ陶淵明の、詩の後節が再び口をついた。
「・・実に塗(みち)に迷うて其れ未だ遠からず 今は是にして 昨(きのう)は非なりしを覚る」
皮肉なものだ。 再びおせいさんに乗って、阿修羅の世界に戻って行く。 


にほんブログ村 小説ブログへ

ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。