應其

高野應其(たかのおうご)のエッセイと小説。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おんなの生態/2

パソコン狂時代
女性と老人のパソコン信仰者が急増している。
最近、政府のお声掛かりで小学校からパソコンを教科に組み入れられることになったから、とくに子供の持つ主婦の間でなだれ現象が起こっているらしい。
子供に教えなければとか、子供と共に、また子供について行けない等、 
さらに、パソコン操作ができないなら21世紀は生きて行けない、とばかりの焦りでとりあえず新聞社の文化教室パソコン講座へ。女性と老人の多いこと。

 ひととおり操作講習のあと講師は、これからのパソコン時代について演説する。
「すでに切符やチケットの購入、旅行・ホテルの予約、音楽配信、電子ショピング仮想商店街、お金の振込み決済、その他デジタルカメラで撮影した画像をそのままパソコンに取込み転送等は常識だが、これからはデジタルITの時代、携帯端末を使って外部から指示し、不在でも家電機器もすべてコントロ-ルしてくれる双方向通信の時代に入ったユビキタス世界の入口に差し掛かっている。」 なんてアジられると自主性がなく、すぐ舞上がるくせのある人たち、さっそく旦那を脅迫しパソコンショップへ、老いも若きもこの調子。

その結果、パソコン教室の繁盛はもとより、当然販売店も売上げが毎期倍増でホクホク、出張レッスン・アドバイザ-などが多忙を極めている。
日本のGDPの60%を占める個人消費が低迷する折から経済効果に寄与すること大、まことに結構。
何さま時間だけはたっぷりある連中、インタ-ネット・ホ-ムペ-ジ・eメ-ル等、
つい数年前まで聞いたことの無かった言葉、その他やたら専門用語が
それも横文字が出てくるとなれば、これはもう 時代の先端に首を突っ込んだ気になるし、虚栄と優越感をいたく満足させてくれる。

特にインタ-ネット、これは聞いただけで10年前まではSF電脳の世界、それがいとも簡単に、個と個、個と特定多数、そして世界中と会話できるではないか、自分もこれでコスモポリタンの仲間入りができるか。(外国語はさっぱりダメだが!)
変に小ちゃなことにケチで欲深い人に限って、多機能のある機器をネギり倒して買って帰った。さあ・・・
専門用語ばかりで、読んでも判らない分厚い説明書は最初から敬遠し、操り人形のように側から指図されながら操作していたのが、とりあえずホ-ムペ-ジなるものを開けてみたら、こんな面白いものは無い。
浦島太郎じゃないが時の経つのも忘れて、日がな一日他人のペ-ジを覗いている。
そのうち自分も開設したくなったので、95%周囲から助けられ出来上った。わくわくしながらアクセスされるのを待っているが、どこからも来ない。

待っても来ないなら・・・とそこで(パソコンをやっている)自慢を押し殺して、さりげなく親類・縁者・友達・知人、あらゆるコネに電話を架けまくる。
一方、旦那のほうは毎日職場でテクハラ(テクノロジ-ハラスメント)いじめに泣かされている。
青春時代、マンガ本だけを貪り読み、職場でも年功序列で役付になった40男、従来アゴで部下に命令していたリ-ダ-シップが最近通じなくなってきた。
30才未満の部下は機械類をゲ-ム感覚で、いとも簡単に操っている。
会社はリストラもさること乍ら、合理化の美名のもと、全職場の1人に1台パソコンを設置され、自分で操作せねばならなくなった。
eメ-ルと称するのを嫌でもやりとりしたり、ペ-パ-レスと情報のスピ-ドから、すべてパソコン内で上意下達、自分でE会議は仕切らねばならない。
そのため、総じて出来のよくない部下でも、また特に、暇さえあれば手鏡を覗いて顔面を動かしている女子社員に、自尊心を押し殺し教えを乞うが、日頃あまり好かれていない上司、つっけんどんに答えられ、うなり声をあげる毎日。こちら、また覚えが悪く忘れっぽいときている。 何回も同じことを聞くから、アテこすりや嫌みだけでなく、終いには、陰で無能呼ばわりされる始末。
少しでも“ご機嫌“をと、会社は経費節減のなか、ポケットマネ-で食事にでも誘えば、セクハラするんじゃあない?と疑いの眼でみられる。

いっぽう自宅のほうでは、女房が午前中に簡単に買い物を済ませ、帰るなりパソコンの前に座る毎日。 子供が帰って来るや、
「タコ焼き買ってあるから、チンして食べて、おかあさんにも頂戴。」 
子供は、「またァ」 といい乍らあきらめ顔。
左手にツマ楊子でタコ焼きを口に運びながら、右手人さし指一本でチョンチョンと雀がエサをつつくような操作に熱中。
今日も元気だ、タコ焼きうまい。

またある家の中では、昨年死んだ亭主から名実共に自由解放、仏壇の遺影に尻をむけ、背中を丸くしている。 今朝電話で聞いたが、すぐ忘れてしまった操作方法を思い出しながら、スクリ-ンとにらめっこしているおバアさん。
今日も元気だ、亭主がいない!

ところが数カ月経つと毎月の電話料、あちこちのプロバイダ-からの使用料が、びっくりするほど多く請求を受けガク然となった。 当節の女子高生のように、お手軽に援助交際で稼ぐわけにもいかないし困ったことだ。

平成12年6月7日付・日本経済新聞の記事
N社がパソコンを、購入から1年以内なら店頭価格の半額で買い取るサ-ビスを始めた。対象は初心者または年輩の男性客のみ
「話題の新商品を買ったけれど、どうも自分には使いこなせない」と悩む消費者に対するサ-ビス
条件は 初心者・・インタ-ネットの設定を店頭で依頼した人。
    年輩者・・50才以上と見られる客。

スポンサーサイト

テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

コメント

この 内容、ご自身の実体験含みますう?
(^^ゞ 多分ここが実体験!って、箇所!思わず笑ってしまいました。

  • 2008/04/15(火) 18:02:24 |
  • URL |
  • ほくろ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。