應其

高野應其(たかのおうご)のエッセイと小説。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外旅行

 女性グル-プ

老いも若きも女性が多い。 とりわけ50才台を中心にした女だけのグル-プは凄い。 とにかく集団だから、にぎやかなんて生易しい表現では追っつかない。けたたましく騒々しい。 傍若無人で厚かましい。 おんなの中の女、大阪のおばちゃん連中ときた日には周りは悲劇。
なぜ50才台はうるさいのか?  個人差はあるが、総じて40才台はまだ羞恥心の残り香があるし、60才台はエネルギ-の持続力が弱るからか?!
その点50才台は、体力気力とも充実、羞恥心など母親の胎内に置き忘れてきたとイバっているように思える。



 母娘づれ 
 
最近の特長・・・なぜ多くなったか? 母親は日本語以外まるでだめ、従って一人では行動できないので娘をアシスタントにする。  娘は概して30才前後の独身でOLか家事手伝い、そして旅行費用全額、母親もち。 留守番のおやじ、何かにつけて気に病むこともなし。 三者メリット大。


 旅行目的
 
旅を重ねると、同行者と食事どきを機会に、だんだん打ち解けてくる。
「おたく、どちらから?」から始まって・・・
そんななかで、必ず「年に◯回旅行する」と回数を自慢するのがいる。 
このあいだ、年に10回は行く、と言っていた84才と77才の夫婦がいたのには驚いた。 地球のあらゆる処へ行っているらしい。 もちろん北欧、極北から南米の秘境まで、あちらへ行った、こちらへいったと独演会。 最初は興味もあって聞いているが、コンゴからグアテマラまで話が飛ぶと、しらける。
こんな人達の旅行目的は、見聞よりも旅先で回数を自慢するためか。



 お買い物

女性のブランド指向、これはもうほとんどビョウキ。それとまるっきり反対の安価な土産ものにも目がない。 旅行会社も心得たもので、日本語の通じるショップへ頻繁にツア-客を送りこむ。
ロンドンで、先客に商品を買い占められ、後続組が空の棚を悔しそうに眺めている現場に出くわしたことがあった。
またパリのルイ・ヴィトン店で、ケ-スから鞄を勝手に出して警備員にかっぱらいと間違われた日本の御婦人が居たらしい。 対面販売システムを知らなかったらしい。 
      
                       
 写真さつえい 

これはもう日本人は、いつでも何処でも撮りまくる。
ガイドの説明そっちのけ、目的地へ歩く途中や・遺跡・史跡・通行人・立ち入り禁止の区域であろうが、美術館の禁止場所であろうがお構いなし。 それもフラッシュをたくため、よけい目立つ。 旅の恥は撮りすてか!
ところが帰国して、「これどこやったかいのう」と首を傾げている姿が目に浮かぶ。



 治安

どこの国でも現地着と同時に、迎えのバスの中で「日本とちがって治安が良く無いから十分気を付けて」と、口をすっぱくして具体例まで持ち出して注意を受ける。 が、さて...
ロ-マ市内・・・午後自由行動 
「ここで解散しますが本日はタクシ-ストのため◯◯時、この場所にバスが迎えにきます。ぜったい他所へ行ったり時間に遅れないように」 
添乗員は地面を踏んで何回も念を押した。
 集合時間の少し前、男1人をまじえた4~5人の女性の集団が、その場所で待っていると子供を抱いた中年女性がやってきて、案外流暢な日本語で、
「場所が変ったので案内するからついてこい」
といわれ、子供を抱いているのに安心し、その言葉に乗って皆が付いていった。 約5~6分歩き狭い路地に入ったとき、後ろから怪し気な男数人がついてくる。誰かが「おかしい」と言い出し、強引に戻ってきた。 被害は傘をかっぱらわれたとのこと。
「まあ傘1本で済んでよかった」
皆で慰めた。 やっと迎えのバスがきて乗込んだとき、
「あっあの女だ」と騒ぐ車内。窓外を見ると、どこからか再び姿を見せた、くだんの女、大きな声の日本語で
「お気をつけて-」
しきりに手を振っていた。
                              


 中国、広州

 着いた初日、夕食の丸テ-ブルを囲んだとき40才台の男性「スリにやられた」とのこと。 
 ホテルに着いて添乗員にカギを貰い、満員のエレベ-タ-に乗った。 「腹の前のウエストポ-チから7万円」しかも、なん層にも仕切りある中から、お金だけとられたという。
聞いていた正面の温厚そうな初老の男性、思わず自分の尻のポケットに手をやり、
「あれッ、わしもやられてる」 
 みな一斉に「幾ら?」 頭を掻きながら「2~3万かなぁ」 鷹揚な男。
他に当夜エレベ-タ-のなかで被害にあったのは4人、総額14~5万円だったらしい。 この旅行参加費、お1人様2泊3日29、800円。
 





スポンサーサイト

テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。